Singapore zoo

シンガポール動物園(英語:Singapore Zoo、中国語:新加坡动物园、マレー語:Zoo Singapura)はシンガポールの中央集水自然保護区にある動物園。地元ではマンダイ・ズー(Mandai Zoo)と呼ばれることも多い。面積は東京の恩賜上野動物園の約2倍にあたる28ヘクタールを誇り、1973年にシンガポール政府が900万シンガポールドルを投じて建設した。現在は年間140万人が訪れるシンガポール有数の観光名所の一つとなり絶滅危惧種を含む300種以上の動物が展示されており、開業以来堀など用い動物が逃げ出さないようにするための障壁を観客から隠す「開かれた展示」を行っている。また世界最大のオランウータンの群れを飼育していて、1977年には霊長類学のFrancine Neagoが6ヶ月間に渡るオランウータンの生態研究を行っている。

シンガポール動物園は自然環境に近い状態の展示場や堀によって観客と展示動物を隔てる「オープン・ズー(open zoo)」というコンセプトのモデルとなっている。堀はかなりの低位置に作られるか低木などによって観客の目に触れることのないよう作られており、堀を登って脱出してしまう可能性のある動物に関してはガラスの窓がついている展示場を使用している。
周囲にはナイトサファリや自然保護区の樹木に覆われた地域が広がっておりこれらがさらに自然に近い感覚を醸し出す重要な要素となる。
園内には来園者の足となる様々な乗り物があり、トラムや馬車が利用できるほか車いすやベビーカーもレンタルすることが出来る。またシンガポール動物園は世界で初めてホッキョクグマの繁殖に成功した動物園としても知られており、1990年に誕生したイヌーカはシンガポール動物園のマスコット的存在となっている。【wikipediaより転載】

実際には柵や堀があるがそれ見せずにより至近距離で動物の息遣いを感じることができる動物園でした。ただ残念だったのは暑さの為動物も私も疲れてしまい元気に動けまわれなかったことです。

 

 

Canon EOS 5D MarkⅡ EF24-70mm F2.8L II USM EF70-200mm F2.8L IS II USM EXTENDER EF2×III

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。